ニコレットをまとめ買いしましょう

禁煙をしても三日も持たなく、タバコが吸えない事に対してイライラしたり、禁煙が長続きしない方にはニコレットを使用する事で、無理なく禁煙をサポートする事が期待できます。
タバコを吸わない事でニコチンが体からなくなり、健康的にもなり美容にも良いとですが、タバコを一度吸い始めてしまう事によってニコチン依存症になり、ニコチンが体の中からなくなってしまう事によって、タバコが吸いたくて仕方ない状況になってしまいます。
禁煙をサポートするニコレットは、ニコチンがガムの中に入っているので、禁煙時のイライラした感じや集中困難の症状を緩和し、タバコが吸いたくなったら噛むだけでストレスなくタバコをやめる事ができます。
ニコレットの商品は味と噛み心地が異なる4つのタイプがあり、好きなフレーバーの味を楽しむ事ができます。
ニコレットの使用量は、従来の喫煙本数やタバコの依存度合いに応じた適量を使用し、ニコレットを徐々に減らしていく事によって、体にニコチンを入れなくても良い状況まで持っていく事で禁煙を成功する事ができます。
普通の一般で販売しているガムとは違い、ニコレットにはタバコに含まれているニコチンがガムの中に入っているので、ニコレットをまとめて買っておく事によって禁煙の効果を持続する事ができます。
使用を徐々に減らしていく事で、1日当たり1~2個だけで足りる段階になった時点で、完全に使用をやめる事で成功した事になるため、3ヶ月を目処にプログラムを終了させる事がきます。
タバコをただ我慢している事によって、ストレスがたまり気持ちまで落ち込んでしまったり、食べ物に走ってしまったりと良い結果になる前に、ニコレットの禁煙サポートで賢く禁煙が期待出来ます。

ニコレットには様々な味があります

ニコレットとはドラッグストア、薬局等で販売している指定第2類医薬品であり、主な形状としてはガムの形状のことが多いです。
ニコレットといえば通常はニコレットガムのことを指すことが多いです。
ガムを使用することにより禁煙時のイライラや、集中困難などの症状を緩和します。
使用方法としてはタバコを吸いたくなったらニコレットガムを噛むだけです。
ゆっくり噛むと製剤の中のニコチンが放出される仕組みのガムになっています。
10回~15回程度噛んでいるとピリッとしてきます。
これがニコチンが放出された瞬間です。
そうしたら頬と歯茎の間にガムをおいて、味がなくなるまで数分間(1分以上)放置します。
口腔粘膜からニコチンを吸収させる時間をもうけます。
味がなくなるとニコチンの放出が終わったサインですので、また10回~15回程度噛んで同じように頬と歯茎の間にガムを置きます。
これをひとつのガムにつき、30分~60分程度繰り返します。
普通のガムのように使用してしまうと、効果を得ることができないので注意が必要です。
一日最大24個までの使用が可能ですので、徐々に使用個数を減らしていき、一日あたりに1~2個で足りるようになってくると完全に禁煙することに近づき、やがてニコレットの使用をやめれば完全に禁煙できたことになります。
使用期間としては3ヶ月を目処に完全禁煙を目指します。
自分でニコチン摂取量や噛む量やタイミングなどを調節することが出来るのが利点です。
噛みごごちも色々あります。
味も何種類かあります。
通常のタイプ、クールミントタイプ、アイスミントタイプ、フルーティミントタイプの4種類が発売されています。
自分に合ったタイプの味を選びましょう。

ニコレットの噛み方について

タバコの煙には100種類上の化学物質が含まれており、その中には発がん物質として知られるタールなどの健康に対して深刻な悪影響を及ぼすものもあります。
このために、現在では喫煙者に対する風当たりは強くなっており、禁煙をサポートするアイテムも多数考案されています。
ニコレットも、その中の一つで、薬局やドラッグストアーで販売されています。
ニコレットは、ヨーロッパで考案されたニコチン置換療法という理念に基づいて作られたガムタイプの指定第2類医薬品です。
ニコチン置換療法とは、ニコチンの中毒性を利用して行う禁煙の方法で、タバコから離れることを第一に考えています。
これにより、タールなどの有害物質による影響がなくなるので、ニコレットに移行した時点で健康面にとってはプラスとなります。
なお、ニコレットはニコチンを口腔粘膜から補給するということを目的としており、普通のガムの様にただ噛めば良いというわけではありません。
数回噛んで中からニコチンが浸み出てきて以降は、歯茎に貼り付けてニコチンを補給します。
この方法によるニコチンの補給は、肺から吸収するのと比較すると脳内のレセプターに到達するまでに時間がかかるので、ゆっくり作用することになります。
このために、タバコであれば数分で一本を消費してしまいますが、ニコレットは1個で30分から1時間もたすことができます。
このように時間をかけてニコチンを補給することにより、急激な作用でなくても満足できるようになり、徐々に個数を減らすことが可能となります。
そして、最終的にはニコレットもやめるのですが、直接タバコをやめるのと比較すると苦痛は少なくて済みます。
これは、それまでにニコチンの作用を少しずつ軽くしているからです。

■ニコレットのジェネリック医薬品もあります!
ニコテックスは3ヶ月の使用が目安

■ニコレットが効かないと感じたら他の禁煙医薬品を試してみましょう。
チャンピックスで改善